hddの寿命を知る

男女でパソコン操作

HDDの寿命は3年から5年と言われている。「たった3年」って思われるかもしれないが、構造を考えれば そんなもんである。 しかし実際は すぐ壊れるものもあれば10年以上持つものもある。運である。だから3年ほどで壊れても納得せざるおえないものかも知れない。 私もhddをいくつも買い換えてきたが、古いhddがいつまでも残っていることはない。容量が少ないからといって 捨てはしないはずなので、やはり寿命がくるのであろう。 できれば故障しないhddを購入したいものであるが、hdd選びは難しい。 すぐに壊れるメーカーはネットに悪口が載る。だが、よく売れているメーカーほど故障した実績も多いため、当てにならないとも言える。 hdd性能の革命を期待したい。

PCが立ち上がらない、ファイルのコピーがエラーになる、といった現象があればhddの故障を疑ってしまう。確かにその可能性は十分にある。 しかし、PCが立ち上がらないのであればソフト側の問題の可能性も高い。いわゆる「論理的」に壊れているだけで物理的には無事なことも多い。 そしてファイルがコピーできないのであれば、メモリーの可能性もある。メモリーが不良であればhddの故障のような現象も起きうる。 またメモリーの不良は、電源の不良からくることもある。 電源の不良とは、PCの電源装置が故障している以外にも、家(ビル)の電源が不安定・コンセントをタコ足から取っている・ケーブルが不良など 可能性はたくさんある。 一見hddの故障に見えても PC全体を見直さなければ ならないのである。hddの寿命だと早合点してはいけない。